エナツの祟り(exジュリアナの祟り)





日本の元気は俺たちが取り戻す!


2015年3月12日BSフジ「たけしの等々力ベース」出演時、ビートたけしより「ジュリアナの祟り」と命名。そのド派手なビジュアル、パフォーマンスとはウラハラな圧倒的歌唱力でこれまでに無い新しい音楽展開するトランスポップロックバンド。熱く客席と一体感のあるステージは、ファンならずとも楽しめ、コールアンドレスポンス!本格的なバンドスタイルでの力強く演奏!時に見せるバラードの歌声は聞くものをとらえて離さない。

バブルを彷彿とするトランスサウンドとPOPロックが融合した
狂気にも似た、まさに現代版ジュリアナ時代の再来!

−2019年5月1日0:00 改名
平成の終わりと共に活動休止。全く同じメンバー、全く同じコンセプト、全く同じ楽曲にて新バンド「エナツの祟り」を結成。令和元年より活動開始。


// PROFILE //



蕪木 蓮(かぶらぎ れん) / ボーカル

抜群の歌唱力を持つ実力派ボーカリスト
先祖は、“大化の改新”で御馴染み、中臣鎌足。現役の神主。
グッズなどイラスト全てを担当している。



江夏亜祐(えなつ あゆ) / ドラム

作詞・作曲・編曲・プロデュース・・・と全てをこなすバンドの要。
チャラく見えるが熱い漢。にぎり寿司の考案者【華屋与兵衛】の子孫。
そしてマザコン。



矢島銀太郎(やじま ぎんたろう) / ベース

落ち武者(前歯なし)担当
バンドの中ではゆるキャラ的存在、
実はギターもベースも弾ける根っからのバンドマンらしい。



翌桧ダンク冬雪(あすなろダンクふゆゆき) / パフォーマー

パフォーマンス中に”MIX”と呼ばれるかけ声を煽るカンペを持ち客席を盛り上げる。MCでは告知を担当しており、地味に見えるがライブによっては様々なキャラに扮するカメレオン的な魅力をまとっている。



佐川ネル秋吉(さがわネルあききち)/ パフォーマー

最年少で勢いもあり、人懐っこく、看板息子的存在。
ライブ中の勢いある煽りパフォーマンスは、初めての人でも入りやすい見本になっている。バラエティ動画の製作なども担当している。